ご利用方法 
すぐにアカウントを発行

無料で試す

ダーク

ライト

TLS1.0/1.1無効化のお知らせ(05/18更新)

FILE TRANSLATION
ファイル翻訳・結果取得
ファイル翻訳の結果を取得します。
本機能はT-4OOとT-3MTエンジンでご利用いただけます。
Endpoint
Request details
GET
https://translate.rozetta-api.io/api/v1/translate-result/<translateId>
Path parameter
Path parameter
Description
translateId
ファイル翻訳依頼後に提示される翻訳タスクID
Header
Header
Description
accessKey, nonce, signature
「認証方法」をご参照ください。
Request例
curl -H "nonce: Your Nonce" -H "accessKey: Your Access Key" -H "signature: Your Signature" https://translate.rozetta-api.info/api/v1/translate-result/8c76e418-9842-455b-aac1-5be28e8e4e94
Response
Key
Description
status
成功の場合は「success」、失敗の場合は「failure」 を返します。 ※1段落でも翻訳失敗した場合、そのリクエスト自体がエラーになります。
data
オブジェクトで返します。詳細は下記をご覧ください。 「translateItemId」: 翻訳結果のファイルダウンロード用ID。 「lang」: 訳文の言語。 「wordCount」: 原文のワード数あるいは文字数。(エンジンによって変わります。T-4OO: ワード数、T-3MT: 文字数) 「detectedLang」: 識別した原文の言語。 「done」: 翻訳済みかどうか。[ture]で翻訳済み。[false]で翻訳途中。 「originalName」: アップロードしたファイル名。
Response例
{
  "status": "success",
  "data": {
    "translateId": "8c76e418-9842-455b-aac1-5be28e8e4e94",
    "done": false,
    "langs": [
      "zh-CN",
      "ja"
    ],
    "fieldId": 1,
    "createdAt": {},
    "items": [
      {
        "translateItemId": "8c76e418-9842-455b-aac1-5be28e8e4e94",
        "lang": "ja",
        "wordCount": 1000,
        "detectedLang": "zh-CN",
        "done": false,
        "originalName": "test.pdf",
        "downloaded":false,
        "error":false,
        "errorCode":null,
        "errorMessage":null,
        "id":5507
      }
    ]
  }
}

api/v1/translate-result/<translateId>
タスクIDでファイル翻訳の状況を取得します。
const superagent = require('superagent');
const config = require('./config');

const authUtils = require('./utils/auth-utils');

const translateId = 'your translateId';
const url = `/api/v1/translate-result/${translateId}`;

const sendRequest = (serverConfig, accessKey, secretKey) => {
  const nonce = new Date().getTime().toString();
  const signature = authUtils.generateSignature(
    url,
    secretKey,
    nonce,
  );

  superagent.get(`${serverConfig.protocol}//${serverConfig.hostname}:${serverConfig.port}${url}`)
    .set({
      accessKey,
      signature,
      nonce,
    }).end((req, resp) => {
      console.log(resp.text);
    });
};

const main = async () => {
  try {
    await sendRequest(
      config.serverConfig,
      config.authConfig.accessKey,
      config.authConfig.secretKey,
    );
  } catch (error) {
    console.error(error);
  }
};

main();
認証については、「認証方法」をご参照ください。
各言語の完全版のサンプルコードをここで参照できます。
©️ 2019 Rozetta API  ・  Powered by Rozetta

株式会社ロゼッタ

^