ご利用方法 
すぐにアカウントを発行

無料で試す

ダーク

ライト

新規個人トライアル上限の調整に関するお知らせ(06/21更新)

システムメンテナンスのお知らせ(07/19更新)

新規個人トライアル上限の調整に関するお知らせ(06/21更新)

AUTHENTICATION
JWT リクエスト
Rozetta APIを利用して、認証用JWTを生成、取得します。
もしくはお客様が直接、認証用のJWTを生成することもできます。こちらを参照してください。
Endpoint
Request details
POST
Header
Header
Description
Content-Type
application/json
Body
Key
Required
Description
accessKey
O
アクセスキーを指定します。
secretKey
O
シークレットキーを指定します。
duration
トークンの有効期間。 こちらのフィールドが指定されていない場合、デフォルトのトークンの有効期限は30分です。 秒単位で最大値9007199254740991まで設定可能です。 ※安全性確保のため、有効期間に大きい数値の設定はおすすめできません。
Response
Key
Description
status
成功の場合は「success」、失敗の場合は「failure」 を返します。
data
Encoded Json Web Token

/api/v1/token
このAPIを使用して、JWTをリクエストします。

01

/

JWTのリクエスト。


/**
 * Demo program for requesting a JWT from the Rozetta API.
 */

const fetch = require('node-fetch');

const URL = 'https://translate.rozetta-api.io/api/v1/token';

const data = {
  accessKey: 'my-access-key',
  secretKey: 'my-secret-key',
  duration: 300
};

const getJWT = async () => {
  const response = await fetch(URL, {
    method: 'POST',
    headers: {
      'Content-Type': 'application/json'
    },
    body: JSON.stringify(data)
  });
  const responseJSON = await response.json();
  console.log(`JWT: ${responseJSON.data.encodedJWT}`);
};

getJWT();

02

/

JWTでAPIリクエストを送信します。


/**
 * Demo prorgram of authentication by JWT.
 */

const fetch = require('node-fetch');

const token = 'my-jwt';

const sampleRequest = async () => {
  const url = 'https://translate.rozetta-api.io/api/v1/hello';
  const response = await fetch(url, {
    method: 'GET',
    headers: {
      Authorization: `Bearer ${token}`
    }
  });
  const responseJSON = await response.json();
  console.log(responseJSON);
};

sampleRequest();
リクエスト送信時には、Authorizationヘッダーの追加が必要です。値は `Bearer <jwt-token>`です。`<jwt-token>`は上記で生成したJWTの値を利用してください。
上記のサンプルでは、​​例として `/ api / v1 / hello` APIを使用していますが、他のRozettaAPIでもJWT認証を利用できます。
©️ 2019 Rozetta API  ・  Powered by Rozetta

株式会社ロゼッタ

^